shouko.png

部長 庄古 知久 教授

外科系診療部門の一つとして新しく設置されました。大学病院の臓器別診療科体系の盲点である、ショックバイタルの多発外傷の際に、多臓器同時対応ができる外科医の集団です。集中治療にも精通しています。敗血症などの重症急性腹症も対応します。新しい時代のGeneral Surgeonを育成する部門でもあります。

診療内容

Acute Care Surgery(緊急外科)

診療科の構成

救急外科・外傷外科・集中治療

特徴および特色

  • 外科と救急医療科からのスタッフ(外科医)が兼務で診療にあたります。重症外傷の初期診療、緊急手術の執刀医、術後集中治療の主治医チームを担当します。
  • 当院の外科専門医プログラム緊急外科コース(3年間)を通じてAcute Care Surgeonを育成します。各外科専門医プログラムと連携し、外科専攻医の修練に協力します。また外科専門医取得後の外科系各科でのシニア研修を通じて、さらに技術レベルの高い外科医養成を目指していきます。

主な検査

  • Hybrid ER System
  • 緊急内視鏡検査
  • カプセル内視鏡検査

主な手術・処置

  • 開胸大動脈遮断
  • 体幹部外傷手術(肺部分切除、心縫合、横隔膜縫合、肝縫合、脾臓摘出、消化管吻合など)
  • Damage Control Surgery
  • 頸部外傷手術(気管縫合、血管縫合、食道縫合など)
  • 観血的肋骨固定術(チタンプレート)
  • 骨盤骨折ガーゼパッキング
  • 食道破裂(開胸手術)
  • 消化管穿孔(開腹または鏡視下手術)
  • 胆石胆嚢炎(開腹または鏡視下手術)
  • 絞扼性腸閉塞、腸管壊死(NOMI)
  • ヘルニア嵌頓(鼠径・大腿・閉鎖孔など)
  • 急性虫垂炎(開腹または鏡視下手術)
  • 軟部組織感染症(フルニエ症候群、ガス壊疽など)デブリードマン
  • 下肢壊死に対する緊急切断
  • 大腿動脈縫合(ECMO抜去)、動脈血栓除去
  • など

外来

月曜と金曜午前に再来外来(2F 救急外来):術後のFollow upをしています。

年間手術実績 (NCD登録例)

  • 令和元年度 当科執刀例 196件(うち外傷手術 36件)
  • 令和2年度 当科執刀例 192件(うち外傷手術 22件)