東京女子医科大学附属足立医療センターは、
地域がん診療病院、がんゲノム医療連携病院の指定を受けています。

*地域がん診療病院

地域がん診療病院とは、がん診療連携拠点病院が無い地域に、都道府県の推薦を基に厚生労働大臣の指定を受けた施設です。
当院は、2015年に4月に都立駒込病院とのグループ指定により地域がん診療病院に指定され、これにより東京都区東北部(足立、荒川、葛飾)におけるがん診療連携拠点病院の空白が解消されました。
これからも都立駒込病院と診療連携を行い、質の高いがん医療の提供を確保致します。

*がんゲノム医療連携病院

2018年10月より、がんゲノム医療連携病院に指定され、がんゲノム医療中核拠点病院である慶應義塾大学病院と連携を行い、がん遺伝子パネル検査など、がんゲノム医療にも力を入れています。

<関連情報>
「がん遺伝子パネル検査」を検討する方にご理解いただきたいこと
(国立がん研究センターがんゲノム情報管理センター作成) c-cat_pamphlet_A_outline.pdf (ncc.go.jp)

*当院のがん診療

各部位のがんについては、臓器にかかわらず最適な診療科、臨床チームで治療を行い急性期医療機関として高度な医療を提供すると共に、 対応できない症例、治療についてはグループ指定病院である都立駒込病院、東京女子医科大学病院をはじめとした専門病院との連携をとっています。
・診療部門紹介 https://twmu-amc.jp/department/

<関連情報>
・国立がん研究センターがん情報サービスではがんに関する情報を紹介しています。
  AYA 世代のがん https://ganjoho.jp/public/life_stage/aya/
  小児がん https://ganjoho.jp/public/life_stage/child/
  希少がん https://hospdb.ganjoho.jp/rarespecialhosp/

・東京都がんポータルサイトでは、東京都若年がん患者等生殖機能温存治療費助成事業についての情報を紹介しています。
 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/iryo_hoken/gan_portal/chiryou/seishoku/

tiikigangeno.png