CN・CNS・エキスパートナース紹介

CN・CNS・エキスパートナース紹介

認定看護師

当院では現在9分野の認定看護師が活動しています。

cn01.jpg

救急看護

救急搬送される多種多様な疾患や外傷を有した様々な発達段階の患者とその家族を対象とし、急性期の医療ニーズに対して迅速なケアや看護援助を実践します。

cn02.jpg

皮膚・排泄ケア

褥瘡、瘻孔などの創傷管理やストーマ、失禁に関する患者・家族のケアを入院中・外来で看護師や医師などの他職種と連携して行っています。

cn03.jpg

集中ケア

呼吸循環動態を中心に患者の病態変化を予測し、日常生活の援助を通して、手術後や重症度の高い患者の廃用症候群など二次的合併症の予防を行なっています。

cn04.jpg

緩和ケア

患者に起こっている身体的苦痛だけではなく、その苦痛を全人的苦痛として捉え、精神的苦痛・社会的苦痛・スピリチュアルペインにも焦点を当ててケアしていきます。

cn05.jpg

がん化学療法看護

がん化学療法は副作用を伴い、治療効果が確実に得られるとは限らないという特殊性をもっています。これらの特殊性がどのような影響を及ぼす可能性があるか等アセスメントを行い、ケアしています。

cn06.jpg

感染管理

患者さんとご家族、職員を病院感染から守ることを目的に、感染対策上の問題発生時の対応や感染対策に関する教育、医療関連感染サーベランス等幅広く活動しています。

cn07.jpg

新生児集中ケア

体温管理や呼吸管理、投薬管理などさまざまなケアを行い、ハイリスク新生児の身体的ケアおよび神経行動学的発達と親子関係形成の支援を行います。

cn08.jpg

透析看護

保存期から維持透析まで、幅広い腎臓病患者さんを対象に、腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎臓移植)が必要な患者さんの治療・生活の支援を行います。

cn09.jpg

脳卒中リハビリテーション看護

脳卒中発症予防から超急性期の全身管理、在宅を見越した生活の再構築の全期に渡り支援をします。残存した機能を引き出し個人にあった看護をチームで実践します。

専門看護師

在宅看護

在宅看護分野は、在宅で療養する対象者及びその家族が個々の生活の場で日常生活を送りながら在宅療養を続けることを支援します。また、在宅看護における新たなシステムの構築やケアサービスの連携促進を図り水準の高い看護を提供します。

皮膚・排泄ケア認定看護師も兼ねているので、ストーマ外来、フットケア外来などで外来看護を行いながら地域の訪問看護ステーションと連携し相談を受けることや、患者サポートセンターと連携しストーマ造設患者の退院支援を行うなどの活動をしています。また、首都大学東京で行われている「暮らしの保健室in荒川キャンパス」に相談員として活動しています。

エキスパートナース(EN)

透析看護・感染管理

臨床経験8年目以上の実績を持ち、選考試験に合格したナースに与えられる当院独自の称号です。認定看護師、専門看護師資格を持っていなくても、独自の専門分野で資格を取得できます。

エキスパートナースであることを示す金バッチと月3万円の手当てが支給されます。

役割:専門分野の実践、指導、調整、教育、コンサルテーションなど

*エキスパートナースは1993年に東京女子医科大学独自に誕生した制度です

ページトップへ